新着情報whats-new

【情報保護強化】FortiGateの導入について

  • お知らせ

昨今のコンピューターウイルスの進化や不正侵入、フィッシング詐欺等、
WEB上で発生する様々な脅威が日々増加しつつありますので
当社ではFORTINET社の『FortiGate』というUTM(統合脅威管理)を導入致しました。

※UTM(統合脅威管理)は、ファイアウォール、VPN、アンチウイルス、不正侵入防御、
コンテンツフィルタリング、アンチスパムなど、
必要とされるセキュリティ機能を統合したセキュリティ装置です。
次世代ファイアウォールとも呼ばれます。(ITトレンドのサイトより引用)

UTMの見た目はルーターやハブの様な機械で、その機械に上記の様な機能がついています。
ルーターと社内LANの間に配置する形で設置しますので、
社内LAN上にある全てのPCに上記の機能が付与されます。

通常、セキュリティ対策ソフトは各PCそれぞれにインストールしなければならず、
セキュリティパッチの更新や運用は各クライアントPC毎に設定しますので
台数が多くなればなるほど、繁雑になり、
設定の漏れ、使用者の不正使用等のリスクが増加します。
それが1台で集約出来る事になりますので
セキュリティ面、管理面、コスト面全てにおいてメリットがあります。
ウイルスファイルのパターン更新もUTM側で定期的に行われますので、
常に最新の状態を維持しやすいです。
もちろん各PCにもウイルス対策ソフトをインストールしておりますが、
より安全な運用ができます。

P2Pを用いたファイル共有ソフトも使用できなくなりますし、
アダルトサイトやセキュリティ上、問題のあるWEBサイトにアクセスできなくなり、
外部からのアクセスもブロックされますので、社内PCの不正利用も抑制でき
この機械1台でセキュリティ管理が強固になりました。

もちろん機械を導入すれば安心という事だけではなく、
使用者の情報漏洩に対する意識も大事だと思いますので
そういった啓蒙活動等にも更に取り組んで参りたいと存じます。

データ入力業界におきましては情報漏洩等が最重要課題になりつつありますので
今後ともお客様にとりましてよりご安心頂ける環境づくりに努めて参りたいと存じます。

CONTACT

データ入力業務・アンケート集計のことはお気軽にご相談ください。
06-6416-2748 受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)