新着情報whats-new

名刺入力の活用事例

  • ご利用事例

名刺の整理に困った事はありませんか?
一度切りしか会わない相手でも名刺交換をし、
どんどんと名刺がたまっていき、名刺入れやひきだしの中がいっぱい。
そんな経験はどなたでもあるかと思います。

しかし、いつか使うかもしれない。
そう思って整理できないのが名刺だと思います。

そんなかさばる名刺を整理するには
名刺入力を行ってデータ化し、紙の名刺は処分してしまうのが一番です。

名刺をデータ化するメリットはかさばる紙を処分できるだけでなく、
様々なメリットがあります。下記にその一例を記載します。

①名刺をデータ化する事によって管理が格段に楽になる
名刺をデータ化する事によってできあがるのは、
顧客管理ツールです。
「あの会社の担当者って誰だっけ?」
こういう時でも、データ化してあれば企業名で検索をすれば
一発で担当者の名前が出てきます。

②名刺データをどんどん活用し、成績Up
たとえば名刺データに「商談成立月」というものを作成します。
商談が成立したら、企業名で検索し、
その欄に1602(2016年2月)等と入力しておきます。
商談は単発で終わる事もあるかもしれませんが、
特定の時期に毎年取引が発生する企業も多数あると思います。
そういった企業を相手に、
「去年の8月のデータを見て今年の営業をかけよう」
といった事ができるようになります。
会社や営業担当者にとって、お客様から得た「名刺」は大切な顧客情報です。
例えば、弊社は年に一度、アルバイト従業員を短期で数十名募集します。
そのために、募集広告を掲載する媒体を悩み、はたまた代理店さんを悩みます。
一度利用した代理店さんの中でも、
またその時期に必ず連絡をくれる代理店さん、
全く連絡がない代理店さん・・・
弊社は思わず連絡をくれた代理店さんにお願いしてしまいます。

③部署全員で名刺データを共有
本来、名刺は個人で管理するものですが、
データ化し部署で共有することにより
取引先企業の情報の閲覧が容易にでき、
転勤や異動などで担当が変わる場合でも
スムーズに引き継ぎが行えます。

④名刺から顧客リストを作成し自社カタログの送付等が出来る
年始のあいさつから新サービスの案内、
カタログの送付などが簡単に行えるようになります。
ただ単純にリスト全員に送付するだけでなく、
地域等をしぼって送付することも簡単に行えるようになります。

以上が名刺入力を行ってデータ化するメリットの一例です。
これ以外にも活用次第で様々なメリットを生んでくれるかと思います。
そのメリットをさらに高めるためにシ・ブリュでは単純な入力作業だけでなく、
あわせて以下のサービスも提供させて頂いております。

【1】重複削除サービス
データ化した後で重複しているデータを削除致します。

【2】手書き情報入力サービス
名刺に印字されている情報だけでなく手書きの情報等も入力致します。

【3】DM発送代行サービス
作成したデータを元にDM発送代行サービスも行っております。

シ・ブリュでは名刺入力サービスを
(社名・氏名・部署名・役職・〒・住所・電話・FAX)の基本項目であれば
1件60円~提供させて頂いております。
件数や入力項目によって料金は変動しますので、
まずはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

CONTACT

データ入力業務・アンケート集計のことはお気軽にご相談ください。
06-6416-2748 受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)